~お知らせ~

空間放射線量測定結果をご覧いただくには、パスワードが必要です。

 現在メンバー登録された方のみ閲覧が可能です。

東久留米市、柳泉園『宮城県女川町災害廃棄物受け入れを終了』H25年3月22日

『東久留米市の放射能汚染の現状をお知らせします』(H24年12月)

 会では、皆さまからの支援金(カンパ)に支えられ、国分寺こどもみらい測定所に

依頼し、市内の土壌や農産物の放射能濃度測定を行っています。最新の測定結果を

加え、市内の放射能汚染の現状を以下にまとめました。

更新東久留米の放射能の現状H24.12.8 (2).pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [291.8 KB]
ダウンロード

『ミーティングします、10月5日(金)10時~12時、男女平等センター

お子さん連れOK。時間内出入り自由。当日参加大歓迎です♪

予定がわかる方は、人数把握のため事前に連絡いただけると助かります。

Eメール  higashikurume2011@yahoo.co.jp

『東久留米市、柳泉園で9月10日より、宮城県女川町災害廃棄物の受け入れ

  開始!』

 柳泉園HP

『東久留米市は6月、東京都に依頼し、学校給食用食材の放射性物質検査の実施を

 行いました!』

 子どもたちの安全安心を第一に考えて実施されたのでしょうか?

 詳しくはこちら

◎「ミツバチの羽音と地球の回転」の鎌仲ひとみ監督、新作映画

 東久留米で5/19上映決定!

『内部被ばくを生き抜く~4人の医師が語る経験・広島ーチェルノブイリ

 ーイラクー福島』

 鎌仲ひとみ最新作「内部被ばくを生き抜く」公式HP

 詳しくはこちら

『放射能濃度測定始めました!』

会では、H24/3より市内の土壌の放射能濃度測定を、

国分寺こどもみらい測定所にて行っています。

測定結果はこちらをご覧ください。

『都民投票報告。東久留米市3040筆の署名!』こちらをご覧ください。

 みんなで決めよう「原発」都民投票 

『4月5日(木) 女川町の災害廃棄物の受け入れに関する、都、3市、

 柳泉園組合の合同による住民説明会を開催』

 詳しくはこちら

 ※説明会の録画アップしました。災害廃棄物受け入れ欄をご覧ください。 

『会ではH23年11月25日、4つの請願書を提出しました』詳しくはこちら

『柳泉園 宮城県女川町がれき受け入れへ』こちらをご覧ください

会で市内の空間放射線量測定をしています。

 会では、秋葉原の測定器専門店「東洋計測器」に行き説明を受けながら、

 測定器を購入しました。都から東久留米市役所に貸し出されていたものと

 同じ DoseRAE2 PRM-1200です。測定結果は、現在メンバー登録して

 いただいた方のみに公表しています。(簡易測定器での測定であること、

 少数地点の測定結果につき学術的に数値を保証するものではなく、

 あくまでも参考値として理解していただくこと。市民の方に予期せぬ

 御迷惑がかかってしまうことがないように。等の理由からです。)

 市内の公園や子どもたちの遊び場については、敷地内の1地点ではなしに、

 数か所の地点をきめ細やかに測定しています。

 市内の測定ポイントを増やしていきたいので、ご自宅付近の測定を、会の所有

 する測定器で測定していただけるメンバーを募集しています。

 メンバー登録については、メンバー登録欄をご覧ください。

~放射能から子どもを守る会@東久留米~とは

 

2011年3月11日の東日本大震災。これにより発生しました原発事故は、かつて人類が経験したことのない大量の放射性物質を放出してしまった大事故となってしまいました。

 

 

放射性物質と長く付き合っていかなければならない時代となってしまいました。政府や大手メディアは、情報をすべて出すことなく「安全・安心・だいじょうぶ」を強調し続けています。私たちは受け身の姿勢でいては、子どもたちの命と健康を守ることは出来ないようです。

日本の原発安全神話は崩壊しました。今まで危険な原発を野放しにしてきてしまった大人たちみんなで深く反省し、きれいな空気・水・食べ物・土地を取り戻し、未来ある子どもたちの命と健康を守るために何か行動を起こさなければと思っておられる方は、多いのではないでしょうか?

答えはかんたんではないですが、未来あるこどもたちを守りたいという同じ思いで集まり、みんなで意見を出し合い行動を起こしていけば、必ず良い方向へ向かうことが出来るはずです。

 

日本全国それぞれの地域で、子どもたちの命と健康を守ろうという取りくみが始まっていますが、東久留米でも子どもたちを守る会が発足されました!毎日不安に過ごされているお母さん、周りで心配している人がいなくひとり悩んでおられる方、正しい情報が欲しい、何かしなければ!と思っておられる方、もうすでに行動を起こし日々お忙しくされている方…この会は、そんな東久留米のみなさんの点と点を繋ぎ、「想い」を「かたち」にするための場になりたいと願っています。

 

 *この会は特定の政治団体、宗教とは一切関係はございません。

 

『アースデイ東京2012、子どもたちを放射能から守る全国ネットワークも

 参加します』アースデイとは?

「子どもたちの内部被曝を防ぐために 福島・東京の市民測定所の現場からみえてきたこと」と題して、
CRMSの丸森あやさん、こどもみらい測定所の石丸偉丈さん、前田幸宏さんが、
311後に福島と東京に設立された市民放射能測定所の現場から見えてきた食品の放射能汚染の現状と、放射線防護のポイント等を語り合います。
トークテントの隣には、こどみらの計測バスも登場! 

勉強会『放射能から子どもを守るパパ&ママの作戦会議』

子どもたちを守るため全力で活動されている、さいたまの理科教諭川根先生と一緒に

作戦会議!

■日 時:2012年4月21日(土) 9:30~12:00

■会 場:保谷駅前公民館 第2会議室
 詳しくは講演会勉強会欄をご覧ください

『茶話会します♪ 4月9日(月)10時~12時、

     東久留米スポーツセンター3階和室』

放射能のことみんなで気楽におしゃべりしませんか?

お子さん連れOK。時間内出入り自由。当日参加大歓迎です♪

予定がわかる方は、人数把握のため事前に連絡いただけると助かります。

Eメール  higashikurume2011@yahoo.co.jp

おすすめ

水産物放射性物質調査結果

画像をクリックしてください
画像をクリックしてください

食品の放射能検査データ

全国の放射能濃度一覧

内部被ばくを考える市民研究会

こちらをクリック!

チェルノブイリへのかけはし

子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク

※会のウェブサイトは、現在リニューアル作業中です。
レイアウトや各項目のタイトルなどが逐次変更されます。
しばらくの間、操作上ご不便をおかけするかもしれませんがご了承ください。

アクセスカウンター フリー風景写真集情報グーグル SEO対策アクセスアップ対策